2012年6月15日金曜日

オンショアボトムターン

もうこのターンを練習してから、かれこれ2年半。
オンショアフロントが楽しくてしょうがないなんて、昔なら考えられなかったなぁ。
波とタイミングが合えば80度のオンショアでもコースターができるようになった
のはひとえにギアの進化とそのギアに合わせた練習なんだろうなー。
あとは冬連のおかげ(これしかやることないし)
でもさすがにシングルフィンのボードじゃ物理的にかなり難しいのは確か。

キビしい体勢でリップに到達するから思いっきりテイルのかかと側のレイルを踏めない。
ツイン、クアッドは少しのプレッシャーでもレイル近くにあるフィンが反応して追従してきて
くれるんだけどシングルフィンはそうはいかない。
いっぱい踏まないと反応しない。
そのわずかな「間のロス」が置きざリップになったり背中がフェイスに着いちゃったりの
ヘナヘナターンになっちゃったりする。
トップターン時に背中が波に着いちゃうのはほとんどが、トップまで「溜め」を維持できず
にインパクト時より早く体が開いちゃうから。
ストレート待ちのスローボールみたいな。

野球でもテニスでもバックスィングがあるからインパクトでジャストミートできるように
ウィンドもセイル手を狭めてセイルを一瞬リセットするからリップをジャストミートできる
ような気がする。




0 件のコメント:

コメントを投稿