2015年12月13日日曜日

オアフ日記 day0 日本脱出

昨年の年末に大掃除をしていたら昔に数年連続でハワイ一人旅
をやっていた時の日記を発見。
懐かしさもありblogにUPしてみるのもいいかなと思いながらも
1年が経過。
そろそろネタ枯渇の時期ということもあり今年こそやってみっか。


出発~到着(2008.6.28)
昨年のオアフ島トリップを終えてすぐに来年も絶対行くと決心。
毎年夏休みと有給休暇を合体しての2週間トリップ。
本来なら冬に行くのがいいけど風の確立が激減するしオアフの
サウススェルは夏が本番。
スタボーの風が吹くマウイはまるで興味が無いので結局夏のオアフ。
今回でオアフでのウィンドは5回目?
いつも半年以上前からタイドチャートのサイトとにらめっこして
タイドがなるべく日中に高い時期を選定して日程を決める。
ただし夏休みに入ると料金も高くなるし混むのでその前。
6月末~7月中旬が狙い目。
今回は洞爺湖サミットの開催前に日本脱出、開催後に帰国。
開催中だとあんな大荷物もって税関をすんなり通れるかが問題。
さあ、6回目のオアフ旅の始まり。
千歳国際線着。
セイル2枚、マスト2本、ブーム2本、ジョイント2本、ハーネスをギア
バッグに。
ギアバッグは福島プロのショップから買おうと思っていたけど、
在庫がないため貸してくれた。(感謝!)
それとボード。
両手が塞がれているので旅行カバンはデカリュック方式なので背負い、
財布、パスポート類はウェストバッグ。
それを一度で2階の国際線カウンターまで運ぶだけで大汗。
さすがにテロリストには見えないだろうけど荷物の大きさにカウンター
受付嬢の笑顔の裏にウンザリ感が読み取れる。
まずは最初の関門、オーバーチャージ。
まともに計算されて3万円とか言ってくるはず。
毎回だけど「でもこれはサーフボードだから8,100円ですよ、ホームペ
ージにも書いてあるし去年もその金額で乗りましたが」の一点張りで粘
る。
そのためあまり早くチェックインせずに遅めにカウンターへ。
やがて後ろにいっぱい人が行列で並びだす。
やがてキリッとした表情の上司さんが登場し「今回は8,100円でご搭乗
手続きさせていただきます」
一人海外はとにかく図太さが大切。
成田では道具の再ピックアップは不要なので3時間待ちで国際便に搭乗。
すると席はビジネス。
エコノミークラスの席が満席なので解放したみたい。
このパターンはこれで二度目だけどラッキー!
隣に座ったご老人と会話が弾む。
ホノルルのハワイアンマーケットプレイスでジュエリーの店を出店して
いるオーナーだとか。
到着時刻は早朝7時だから少し寝ないとダメなんだけどアドレナリンが
出て眠気が来ないのは毎度のこと。
でも時差ボケにはならない体質なのか一睡もせずに到着日にすぐに海に
行って普通に夜寝れば時差に順応。
今回も宿は築100年?って感じのオンボロコンドミニアムのロイヤル
グローブ。
でも立地条件は良くてワイキキのハイアットの裏でクヒオ通り沿いなの
で便利。
夜はたまにプールサイドで地元の爺さんたちのメローなハワイアン演奏
が聞ける。
今年も目指すポイントはTOES。
ダイヤモンドヘッドのもっと先にあり、小さな公園の芝生から出艇して
サイドオフの風、200m沖のアウターリーフでのライド。
浅いリーフのためタイドが低い時間帯は乗れないのでその時はダイヤモンド
ヘッドで。
ホノルル空港到着。
延々と時間のかかる税関をやっと通過して道具をピックアップ。
さあ、これからが大変。
地上に出てアラモアナレンタカーの周回バス停まで根性で荷物運び。
レンタカー会社に到着して予約票をカバンから取り出し、こいつ絶対に
ゲイだよなって感じの白人男に渡す。
車を受け取りシートをフルフラットにして道具を積み込みニミッツ通り
に出てH1EASTハイウェイに乗ってホノルル方面へ。
ハイウェイは6つくらいレーンがあるところもあるので間違えて走って
いるとカイルアに行っちゃったり、ハイウェイを降りなきゃならなくな
るので注意しながら。
23番出口でホノルル市内に入り宿に到着。
さっさとチェックインを済ませて速攻でTOESへGO。









0 件のコメント:

コメントを投稿