2015年12月15日火曜日

オアフ日記 day1(2008.6.28)

宿のチェックインを済ませクヒオ通りを通ってDHへ。
まずはDHポイントを一望できるパーキングに駐車。
ここからの眺めが最高に気に入ってる。
また来たぞ~!
サーファーがごっそり。
ウィンドは2名。
いつもトレードウィンドは10時くらいから吹き出すので
まだこれから。

しばらく眺めに浸りながら風が上がり出したのを機に
My Soul TOESへ。
駐車場に着くと覚えのある人物を発見。
昨年も一緒に乗ったオランダ人。
彼も自分のことを覚えていてくれて嬉しそう。
握手。
細身で全身ムキムキの筋肉というか筋張った感じ。
格闘家のようなその容貌から昨年勝手に「マーシャル」と命名。
彼はハワイに来ると中古車を購入して宿は取らずに車の中で
数か月暮らす。
そして帰る時に売却するそう。

オアフはマウイのように爆風は吹かないので今回も5.0㎡
と5.6㎡を持参。
今日は少し強気で5.6㎡をチョイス。
まず出てみるとガスティながらもジャスト。
200m先のリーフまでは浅くてフラット。
リーフから先は徐々に深くなりバスクリン色の海が広がる。
海底の白い貝殻が見える。
ジャンプ後に着水してワンテンポ遅れてサイドオフの風が波を
超えて後ろからセイルにボン!と入るので飛ばされないように
構える。
サウススェルのセットは定期的に入ってくるので水平線が盛り
上がったらジャイブ。
セットをキープしながらピークを探しグーフィーでダウンザライン
できるスタート位置を決める。
サイドオフの風なのでボトムは結構オーバーセイルになるので
トップターン時に厚いフェイスで返すのはレイルが入らず大変。
なので壁になるまでテイクオフをギリギリまで待ってドロップ。
あとはダウンザライン。
サーファーはいないのでライン取りは自由。
ここで失速の二文字は皆無。
ライディング中は瞬きしていないのかやけに目が乾く。
オーバーヘッドのメラメラリップ。
たまんねー!
これだからウィンドやめらんねー。

マーシャルが岸に上がったので自分もビーチへ。
するとG6ピーター師匠がいた!
再会の握手。
今年のサウススェルは例年より入りが良いそう。
毎年いろいろと質問すると砂を盛り上げて波に例え、木片をボード、
小枝をマストに例えて熱く教えてくれる。
今年もよろしくお願いします。
今日はエアーを練習。
オフの風で波の前に着水するのがとっても難しく、すべて波に置いて
いかれて一度も成功なし。

旅の疲れもあることだし早めに終了して宿へ帰り日用品の買い出しに
スーパーへ。
帰りに「ごえん」の弁当を買う。
日本人夫婦が経営しているここの弁当はとにかくメッチャうまい。
昨年も電話で注文しておいてあとでテイクアウトしに行ってた。
シャワーを浴びてベッドに倒れこむと睡魔が。。



0 件のコメント:

コメントを投稿